DDON:ポーンが凄くなった!シーズン3.2アップデートの変更点

ドラゴンズドグマオンライン

DDONがシーズン3.2にアップデートされました。

新ジョブの「ハイセプター」やDAの黒呪島を彷彿とさせる「黒呪の迷宮」に話題が集中しているようです。

ソロプレイを楽しむのがモットーの僕としてはポーンの強化に注目しました。
ポーンがかなり強化されているみたいなんですよ。

公式サイトで紹介された内容からポーンの強化項目について紹介します。

ポーンの強化項目

ジョブ修練しなくてもLVアップ

今までポーンのスキルレベルは覚者のレベルが上限でした。ポーンが使うスキル、アビリティも覚者がジョブ修練しないとレベルアップできません。

ところが3.2では変更されました。ポーンのスキルのレベルアップはジョブ修練が必要ないんです。ポーンのレベルとJPさえあればスキルレベルは10までアップできます。この変更は大きいですね。

覚者のスキルレベルは6なのにポーンはレベル10もあり得るのです。

こうなるとジョブ修練の意味は・・・?ってなってしまいますね。

覚者のスキルを上げたいなら地道にジョブ修練するしかありません。

逆に言えば、覚者が使うジョブのスキルだけジョブ修練すればいいということです。

覚者がファイター、ポーンがソーサラー、プリーストで固定しているなら、ファイターのスキルだけレベルアップすればいいってことですね。これは手間が省けました。

ジョブを固定していてもアビリティは他のジョブのも必要になります。その分はジョブ修練が必要ですが。それでもだいぶん楽になりました。

さらにジョブ修練も若干条件が緩和されるようです。さらに、パートナーポーンをパーティーに入れているとモンスター討伐数が2体分としてカウントされるようです。つまり1体倒しても2体倒したことにとなるのですね。この変更もありがたいです。

修練に苦労していた古参のゲーマーからはクレームがきそうですが。新規の人にとっては嬉しいと思います。僕もすべてのジョブ修練が終わってるわけではないのでありがたいです。

エクストリームミッションをクリアしなくてもスキルが使える

ブレイブスレイドなど一部の技は特定のエクストリームミッションをクリアで使用可能でした。

でもポーンに限り、エクストリームミッションをクリアしなくても技が使えます。

つまり覚者はブレイブスレイド使えないのに、ポーンが使えるという場合もありうるのです。

プレイヤーはプリースト使わないのに、ポーンプリーストにソラースライザー剛を使わせるためだけに、覚者がプリ-ストでカースドラゴンを倒す。ってことをしなくていいってことですね。

サブジョブでもアビを取るためにレベルアップはしました。さすがに慣れないジョブでEMクリアはかなりハードルが高いです。

覚者が使ってるジョブの育成だけに専念できるので嬉しいといえば嬉しいのです。
スキルだけみたら覚者の方が劣ってる。という場合も起こり得るわけで。
覚者の立場は・・・ってことにもなりそうですね(笑)。

戦甲モンスターのダメージが増える

ポーンが戦甲モンスターを攻撃したときの威力、吹き飛ばし力が増えるようになります。そのくらい増えるのかはわかりませんが。ソロプレイヤーにとっては嬉しい。

今までもポーンの場合は一部の技にヒットストップがかからない、という特典がありました。その延長のようなものですね。

ポーンはプレイヤーが操作するみたいにうまく立ち回ってくれません。せめて単純に威力が大きくなるだけでも嬉しいです。

ポーンの特技

スキル、アビリティ以外にポーンだけの特技が設定されるようです。
いまのところ公開されているのは、覚者を復活させる、攻撃力を上げるなど。
どんな特技があるのか楽しみです。

自室にいるアルヴァーからパーソナルクエスト「忠心の内に輝くもの」が受注できるようです。

「忠心の内に輝くもの」をクリアすればポーンが特技を覚えるようになるんでしょうね。

ポーンを連れて戦っていると、特技を閃くようです。ポーンのジョブによって習得しやすい特技が違うそうです。普段からポーンを連れて戦ってるソロプレーヤーにはありがたい。

アルヴァーってポーン郷にいた人ですよね。自室に居座ってるの?パーソナルクエストをクリアしたらいなくなるのでしょうか。

他にも細かな変更点はあるようですが。全体的にポーンプレイが快適になるように調整されているようです。

コメント